18回プラハサマーアカデミー 2015  18th Prague Summer Academy

lesson lesson レッスンはプラハ芸術アカデミーの教室にて、毎日朝9時から夕方6時までの間に行われます。レッスン時間は50分です。レッスンは5回分が受講費の中に含まれて居ます。短期でのご参加の方はレッスンの回数を調節することができますが、最低3回のレッスンを受講して頂きます。追加レッスンは現地事務局にてお申し込みいただけます。(1レッスン20 000円) また受講生の方は他の方のレッスンを見学することができます。

 

 

 

lessonまたレッスン中に写真撮影、録音が行われる場合もございますが、この際の写真、録画テープは今後のサマーアカデミーの宣伝のみに使用され、商業目的で使用されることはございません。また受講生は各自のレッスンを自由に録画、録音することができます。

室内楽 Chamber class

室内楽 Chamber class

室内楽のクラスにはアンサンブル演奏に興味のある方ならどなたでもお申し込み頂けます。ヴァイオリン+ピアノ、チェロ+ピアノ、ピアノ三重奏、弦楽三重奏、その他さまざまな組み合わせでの受講が可能です。弦楽四重奏、ピアノ五重奏で受講をご希望の方は事務局までお問い合わせください。また既存のグループでのお申し込みの他、共演者がいらっしゃらない方は事務局で共演者としてアカデミーやコンセルバトワールの優秀な学生を手配することも可能です。この場合、共演者一人当たり1レッスンにつき6000円をお支払いいただきます。ミランエージェンシープラハまでお問い合わせ下さい。

レパートリー Repertoire

レパートリー Repertoire

受講曲は特に指定はございませんが、古典、クラシック、ロマン派など、さまざまな分野から4、5曲ご用意なさることをお勧めします。比較的短めの曲を用意されることをお勧めします。大曲の場合、曲の最後までレッスンが出来ない可能性があります。伴奏譜、または指導教授のための楽譜、室内楽のスコアも各自ご用意ください(コピー譜可)

伴奏者 Piano accompaniment

Piano accompaniment

ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、声楽、管楽器で受講の方にはピアノ伴奏が待機しております。ピアノ伴奏が必要な方は必ず伴奏譜を各自ご用意になり、プラハ到着後なるべく早く事務局に提出してください。5回のレッスンのうち2回が伴奏付きのレッスンになり、短期日程でご参加の方には1回のレッスンが伴奏付きになります。ファイナルコンサートに選出された方は、伴奏者つきのリハーサルをさらに1回行うことが出来ます。その他に伴奏付きのレッスンを追加なさりたい方は現地事務局にお申し込み下さい。

練習室 Practice

Practice

ピアノ専攻の受講生の方は毎日午前8時より午後8時までの間で一日それぞれ、ピアノ専攻の方は3時間の練習が、ピアノで室内楽専攻の方は一日につき2時間の練習時間をご用意しております。ピアノ専攻の方は8月7日よりご利用になれます。練習室は1時間につき2000円で追加することもできます。室内楽専攻の方には同じく毎日午前8時から午後8時までの間で一部屋、2時間の練習室を確保しています。その他の楽器の方は宿泊先の自室にて朝8時から夜8時まで練習が可能です。例えば宿泊先でヴァイオリンや管楽器専攻の方が二人同室になっている場合などは、事務局でご相談に応じます。

ランゲージ、通訳 Languages and interpreters

事務局は日本語、チェコ語、英語、ドイツ語で対応いたしております。語学に自信のない方は日本語通訳アシスタントがレッスンのお手伝いを致します。アシスタントは主にプラハ芸術アカデミー、プラハコンセルバトワールの日本人留学生が務めます。

ファイナルコンサート Closing concert

Closing concert

ファイナルコンサートに出演する受講生は担当教授による推薦によって選ばれます。出演料は生いたしません。演奏時間は約5分から8分程度です。コンサートは記録用として録音・録画されますが、販売目的ではございません。リハーサルはコンサート当日会場のマルティヌーホールで行われます。各出演者、またはアンサンブルのリハーサル時間は15分です。リハーサルの順番は事務局前の掲示板に張り出されます。


back to top